狭い土地こそ暮らす人のこだわりがだせる!

土地が大きい場合のメリットは、要望やこだわりは予算の許す限りいくつでも叶えられます。

でも土地が小さい場合は予算はあってもすべては叶えられません。
土地によって家自体の大きさが決まってしまうため、要望やこだわりも全部はできなくなります。

デメリットとしては、がまんしなくてはならないことが出てきますが、
逆に考えると叶える要望を絞り込むことで、暮らす人のこだわりや個性が現れやすくなります。

土地が小さいからといって、家自体を平均点に近づけるために各所を平均以下にするよりは、
一番叶たいこと、家で一番大切なことを最優先にすることで暮らし方が愉しい方向に向いていきます。

マイナス部分をプラスで補えば土地が狭くても暮らしは愉しくなります。
つまり制約がある狭い土地だからこそ個性のあるこだわりの家ができるんです。

狭い土地だからと言ってあきらめることはありません。

ちょっと辛抱することで夢のあるこだわりの一戸建てができますので安心してください。
大工として5年、また1級建築士として35年、お客様の家づくりに携わらせていただいた様々な経験から何が必要なのか、優先順位をどうすればいいのかなど、あなたに一番合っている家づくりを一緒に歩んでいきたいと考えております。

土地の広さでもう悩まないでください。
必ず解決策は見つかります。
一緒に一番いい方法を考えましょう。

子供や家族のことを考えた家を建てる。家に直す

歳をとっても使いやすい家を建てる。家に直す

子供や孫に住み伝える家を建てる。直す家に直す。

今まで自分(自分たち)がやりたかったことを実現するおうちを建てる。おうちに直す

お手伝いをします。

設計事例

設計事例一覧